清水 一夫 (kazuo shimizu)清水1962 岡山県高梁市成羽町生まれ

1984 荒谷建設コンサルタント勤務
井風呂谷川公園設計(総社市)建設大臣

1992 株式会社ユウザキ勤務
レオマワールド修景監理
東児ヶ丘GC修景監理

2000 L&Aデザイン造園建築設計設立
プーネ岡山友好庭園設計・監修(インド)*1

2006 株式会社L&Aデザイン設立 (倉敷市)
倉敷十座設計監理(倉敷市)*2

2009 アトリエ新設(岡山市)
岡山大学病院外来棟外構設計(岡山市)*3

2012 一級建築士事務所 移設 (玉野市)

2016 一級建築士事務所 移設 (倉敷市)
建設営業登録 岡山県知事 (建築・土木・造園)

2017 次世代育成支援対策行動計画を策定

 本社移設(岡山市)

 

所属団体 / 岡山県建築士事務所協会/建築士会/日本庭園協会
資 格 /一級建築士/一級土木施工管理技士/一級造園施工管理技士
CASBEE 建築評価員/CASBEE 戸建評価員

rwsitelogo
仕事は、『想いを形にする』こと
想いを未来に引き継ぐこと
もちろん出来る限り遠い未来まで。
そのためには、
人の手により
守られるべき価値のある物、
長く愛される物を
一つ一つ丁寧に
造らなくてはならない
そのためにも、昔から引き継がれた
多くの形を再考しつつ
新しい考え方を盛り込み
時代・環境・思考の変化に
柔軟に対応出来る
息のながいデザインを
生み出すことが
必要だと思っております。
*1 岡山の後楽園をモチーフにした大きな泉を中心とた流れのある回遊式庭園を友好都市であるインドマハラシュトラ州第2の都市であるプーネ市に設計・監修。規模は1万㎡で有料公園となっている。 *2 倉敷の美観地区の西側に位置する古い長屋群を既存の街並みに配慮しつつリモデル、無垢材・漆喰塗りを中心とした内装に外壁に焼板、各棟に露地が施されている。現在五ノ座まで完成。 *3 岡山大学鹿田団地外来棟周辺外構改修設計 バス停からの外来棟までのアーケードと医・歯のエントランスを大幅に改修。メタルを利用した光とガラスのランドスケープ。